Toolbar

一粒の米

2019年12月18日/ 2020年1月8日 「第7回一粒の米」小品公募展

2019年度「一粒の米」公募展テーマ:「山の精(または「山」)」

mont fuji san

 
宇宙や神話の舞台、シヴァの神殿、オリンポスの神々の神殿、ファラオの聖域、メソポタミアの冥界への扉...フランスからチベット、インドからシリア、アンデスから日本…、神聖な山は、神々が集い、世界の軸となり、地上・天国・地獄とを結びつけ、全ての謎への手がかりや兆しを明示している場所です。

ジグラッド(古代バビロニア・アッシリアのピラミッド型寺院)・ストゥーパ・オベリスク・ピラミッドなど、高みにある神殿や寺院…それらは象徴としての山の多様性を表現しています。

人類によるこれほど多くの建造物は、神々との対話をするための探求を反映しています。人々が神の言葉をより一層近くに聴くのは天空に近い場所です。

ぜひあなたにしか描けない「山の精(山)」の光景を表現して下さい。

フランスの美術誌に掲載された「一粒の米」公募展の記事も御高覧下さい。

 

Grain de Riz2019WEB

「小さなフォーマット」アートの展覧会

パリ 2019年12月18日~2020年1月8日